空き家のゴミの処分方法

豆知識

あなたは親から相続した家がゴミ屋敷になっていて、困っていないでしょうか。

当社が過去に買取した家もゴミ屋敷になっていて、処分の見積もりを依頼すると約40万円でした。
もし、家を売却したい場合、さすがにゴミだらけの状態だと仲介する業者も嫌がりますし、買う人の立場になってみても、とても買う気にはなりません。どんないい家であっても簡単には売れないでしょう。

かといって、いつ、いくら位で売れるかわからない物件に何十万も払ってゴミの処分をするのは気が進まない方が多いと思います。近年は環境問題などもあり、ゴミの廃棄料金がどんどん上がっていっているので、今後はさらに業者の見積もりも高額になっていくと予想されます。

当社では、ゴミ処理は基本自社の社員で行っています。石川県では必ず、自治体ごとにゴミ処理場があり、持ち込みをすれば業者に頼むよりははるかに安く捨てることができます。かなり労働力は使いますが、何人かでゴミ処理をすればどんなゴミ屋敷でも3日くらいあれば片付くのではないでしょうか。

自治体によって違いますが、大体10kg100円くらいで捨てることができます。なので、ゴミを一トン捨てても10000円です。

平均的な社会人の時給を1500~3000円とすると、数万と40万の差であれば、コスパはかなりよいのではないでしょうか。

ちなみに、物件の所在するゴミ処理場にしか捨てることはできません。自治体によってはゴミの捨て方がきびしいところがあるので、一度、電話して聞いてみることをおすすめいたします。