売れない家の特徴

豆知識

いくら思い入れがあるからといって、強気な価格で売り出しているといつまでたっても売れません。古い空き家は解体して新築を建てることが多いので、土地の場所や形が非常に重要です。

解体を買主負担で売り出している場合は、 近年の解体費高騰もあり、土地の価値はさらに下がります。

これらの事情を理解せずに、「いつか希望の値段で売れるだろう」と強気でいると、固定資産税や草刈りなどの維持費がかかり、値段を下げて早めに売ってしまった方が最終的にはよかったということになりかねません。

あなたの家はどうでしょうか?
では、売りづらい土地の特徴を紹介いたします。

売りづらい土地の特徴

①土地の形が悪い
土地の形が悪いとは、以下のような形の土地が代表的です。このような土地は間口が広い長方形の土地などと比べ使い使い勝手が悪いため、土地の価値は下がります。イラストの2つ目の「旗竿地」の場合のような場合が多いですが、間口が2m未満だと建物が建てられないため、土地の価値は極端に下がります。建物がたっている場合でも、建築基準法がない時代に建てられていますので、現在では新築は建てられません。

不整形地
旗竿地
うなぎの寝床

②土地が極端に狭い
東京などの大都市であれば、土地が狭くても問題ありませんが、石川県のような車社会の地域では土地が極端に狭いと駐車場がとれないため、売りづらくなります。夫婦で2台車を所有している家庭がほとんどですので、最低でも40坪くらいの広さがないと住宅用地としては使いづらいのではないでしょうか。

③土地は広いけど、間口が狭い
土地は広いけど、間口が狭い土地は、分筆して販売できないため売りづらくなります。
ベストな土地は以下ような土地です。

間口が広い横長の土地

④忌諱施設が近くにある
騒音、悪臭、墓地などのように、音や匂い、嫌悪感をあたえるような施設を忌避施設といいます。普通に考えてこんな施設が近くにあれば、住みたくはありませんね。

都市計画も重要

土地がどのような都市計画区域にあるかも重要です。
都市計画とは、都道府県が定めているもので、「このエリアは税金を投入して発展させよう」「このエリアは税金を投入したくないので制限をかけよう」といったように、エリアごとに計画が立てられています。

基本的には家が建っているようなエリアは「市街化区域」「市街化調整区域」「非線引き区域」に分けられています。

①市街化区域
このエリアは税金を投入して発展させる計画の場所となります。なので、建物が建てられるようなルールが定まっています。

②市街化調整区域
このエリアは発展させたくない場所となりますので、基本、建物が建てられません。例外として農業を営んでいる人のための建物などは建てられるため、調整区域であってもぽつぽつ家が建っている場合があります。

③非線引き区域
このエリアは規制しなくてもあまり発展もしないような場所です。石川県では加賀市にこの場所が多いです。建物は建てることができますが、発展は望めない地域なので土地の価値は市街化区域に比べると低くくなります。

市街化調整区域の土地は売りづらい

上記の説明のとおり、市街化調整区域の土地を買ったとしても建物が建てられない場合があります。なので、土地としての利用価値は低いと考えられます。当然、売りづらいです。いくら立派な建物が建っているとしてもそんな家は売りづらいでしょう。

まとめ

あなたの空き家はどうでしょうか?
いくら思い入れがあって、自分の中では価値が高くても、上記のような土地は価値が低いと理解しましょう。

上記のような家は「負動産」となり、あなたの財布からお金を奪っていくだけかもしれません。