空き家を貸す時の注意点(普通借家と定期借家)

豆知識

賃貸契約には普通借家と定期借家があることはご存知でしょうか?
家を人に貸す場合は借地借家法といった法律が関わってきます。そして、この法律は借り手側にかなり有利な内容となっています。

借り手側に有利とはどういうことかといえば、一旦、貸してしまうとそれなりの理由がないと出ていってもらえない状況になります。もし、出ていってもらいたくても、ゴネられてしまえば借り手が勝ちます。なので、一旦貸してしまうとずっと自分の土地や建物が使えない状況になるかもしれません。最悪、高額な立ち退き料を払わないと出ていってもらえないかもしれません。

なので、「将来的には空き家を自分で使いたい」「更地にして家を立てたい」など、空き家を利用する可能性がある方は「定期借家契約」にしておくことをおすすめいたします。

定期借家契約であれば、期間も自由に設定できますし、その期間が終われば法律に沿って契約を終了させることができます。相手はゴネることはできません。

ただし、定期借家契約を結ぶ場合はいくつか要件があります。

定期借家契約の要件は以下のとおりです。

  • 契約前に定期借家の内容が記載された書面を交付して説明する。
    ※契約書とは別にする。
  • 定期借家契約の期間終了の1年前から6ヶ月前に通知する。

特に前半を忘れてしまうと普通借家を結んだことになってしまいますのでご注意ください。契約書に記載しておくだけでは認められません。