資格の勉強を続けるためのコツ

2019年7月31日

宅建の勉強を2月9日から開始し、なんとか今日まで来ました。

勉強をはじめたころは、法律の知識は0に近い状態で本当につらい日々でしたが、ようやく合格が見えるくらいまで知識はついたと思います。

あと、85日あるのでかなり余裕をもって最後の追い込みができるかと思っています。

ここまで勉強を続けれたのは僕なりにいろいろ考えて習慣づけやモチベーション維持ができたからだと思います。

習慣づけとモチベーションを保つために次のことをしています。

  • 毎日の勉強時間をスマホに記録
  • 不動産投資仲間に宅建試験を受けることを言って自分を追い込んだ。
  • 不動産投資に役にたつと信じて勉強をしている
  • 毎朝、早起きをして勉強時間を確保している
  • 週◯◯時間以上勉強すると設定して、ある程度調整できるようにしている
  • 通信教材を購入した
  • 勉強中は30分ごとにアラームをならし、集中力を維持できるように工夫している
  • 自然の音楽を聞きながら集中力を保つように工夫している
  • 奥さんの応援と理解がある

毎日の勉強時間をスマホに記録

これは自分の中でモチベーションと習慣づけのためにはかなり重要なことだと思っています。勉強時間を見える化することで自分が立てた目標の達成率がはっきりわかります。試験に失敗する多くの方は自分の勉強時間は記録しておらず、なんとなく「今週がんばったなー」と勉強したつもりになっていて、以外と勉強していない。気が向いた時に勉強してかなり偏った時間のとり方をしている可能性。このような勉強の仕方をしているとモチベーションも保てないし、習慣もつかないと思います。僕は「studyplus」というアイフォンアプリを使っています。

不動産投資仲間に宅建試験を受けることを言って自分を追い込んだ。

周りに言って自分を追い込むことも大切かと思います。いったところで「がんばれー」とは言ってくれますが、そこまで興味はもたれないですが。自分を追い込む意味で周りに言うのはありだと思います。逆に「そんな資格とってどうするの?」と言ってくる人もいるかもしれないですが、そんな人は無視しておきましょう。

不動産投資に役にたつと信じて勉強をしている

資格のチャレンジはこれまで何度もしてきましたたが、すべて挫折してきました。今まではなんとなく資格がほしいと思っていて、資格を取る理由が曖昧でした。今回に関しては「不動産に関する知識をつけたい!」「銀行融資に有利になる!」と強い思いがあるのでこれまでとはモチベーションがまったく違います。それよりも不動産投資の勉強が楽しいのが一番モチベーションが保てている理由だと思います。

毎朝、早起きをして勉強時間を確保している

これもかなり重要な習慣だと思います。僕は小さい子供がいる中で普通にサラリーマンをしています。正直、勉強時間を確保するのは大変です。大半の人は仕事が終わって、子供が寝てから勉強していると思いますが、それでは予定も狂いますし、疲れて集中できないことも多いと思います。なので、朝、誰よりも早く起きて勉強時間を確保することはかなり重要なことだと思います。ちなみに僕は朝5時半に起きています。

週◯◯時間以上勉強すると設定して、ある程度調整できるようにしている

これも大切なことだと思います。勉強をはじめたころは1日2時間は勉強すると目標をたてていました。そうすると、仕事が遅くなったり、友達と遊んだり、前の晩に酒を大量に飲んだりすると予定が狂ってきます。なので、1日単位ではなく、週単位で目標をたてて、ある程度融通を聞かせたほうがいいと思います。ただし、1ヶ月単位などにしてしまうと気持ちが間延びしてしまうので、1週間単位がちょうどいい期間設定だと思います。ちなみに、僕は週18時間を目標にしています。最初のころは知識0からの状態でかなり勉強が苦痛だったので週12時間としていました。3ヶ月たったくらいから18時間と設定しました。

通信教材を購入した

最初の3ヶ月くらいは本屋さんの教材で勉強していました。テキスト、問題集、民法の補足テキスト計3冊、約10,000円くらいです。通信教材は5、6万以上するし、挫折したことを考えるともったいないと思ったからです。過去に何度も挫折している経験があったので自分の中で保険をかけてしまいました。僕のざっくりイメージでは資格試験に挑戦している5人に3人くらいは挫折しているように思っています。なので、ある程度、勉強の習慣がつくまではそこまでお金をかけないほうが良い気がします。今は「宅建みやざき塾」約9万円の教材で勉強しています。今思えば、最初からこの教材で勉強しておけば、かなり効率がよかっただろなとは思いますが。

勉強中は30分ごとにアラームをならし、集中力を維持できるように工夫している

これはメンタリストDAIGOがユーチューブで言っていたので参考にしました。人の集中力は大体30分しか続かないそうです。なので、30分勉強してちょっと休憩、30分勉強してちょっと休憩。このように勉強すると集中力が保てるそうです。この情報を参考に僕は30分ごとにアラームを鳴らして勉強しています。僕はあまり集中力が高い方ではないですが、30分くらいだとあっという間に立ちます。そしてアラームがなると目標達成した気分になり心が切り替わります。僕の場合はアラームがなっても休憩はせずそのままアラームを再度30分に設定してそのまま勉強を続けています。それを3回繰り返しています。僕の場合は朝1時間半、夜1時間半と小分けに勉強するようにしているのでとりあえず30分×3セットを朝、晩、勉強している感じです。セット数で勉強するのはおすすめです。

自然の音楽を聞きながら集中力を保つように工夫している

これもメンタリストDAIGOがユーチューブで言っていました。よく集中力をアップさせるためのクラシック音楽などがありますが、川や鳥ような自然音が一番集中力アップになるそうです。あと、僕の場合は周りがうるさいと集中できないので外部の音をシャットアウトしてくれるのにも役だっています。

奥さんの理解がある

小さい子供がいる場合は、なかなか勉強させてもらえないと思います。勉強のような辛いことをしているとはいえ、別に本職の給料があがるわけでもないですし、奥さんにも理解されにくいと思います。やはり家庭が最優先です。僕の家では、完全に勉強だけさせてもらえる環境ではないですが、少しは協力してくれていると思います。あと、「この歳で勉強とかほんとすごいわー」とも言ってくれてますし。その言葉もモチベーションアップに繋がります。

まとめ

こうやって書き出してみると、自分なりにいろいろ工夫しているなと思いました。この記事を書いたことでさらにモチベーションがあがりそうです。

勉強に関する僕の意見です。世の中には一度聞いたり、見たことを忘れない天才は存在すると思います。ですが、ほぼ、99.9%の人は凡人だと思います。医者や弁護士など、難しい資格をもっている人ですら、凡人だらけだと思います。難しい資格を取れた人は一言でいうと、「勉強を続けられた人。」ただ、これだけだと思います。僕の場合、はじめのころは何回勉強してもすぐに忘れてしまって、「自分はバカだから合格は無理だ」と心が何度も折れそうになりました。こんな僕でも何ヶ月も勉強を続けると最初のころはすぐに忘れていた知識が定着するようになりました。継続することでこんなに力がつくんだと思った次第です。

まだ、合格していないのでえらそうなことは言えませんが、三ヶ月後必ず合格してみせます!

新着記事

俺か、俺以外か。 ローランドという生き方

ローランドさんの著書「俺か、俺以外か。 ローランドという生き方」を読みました。タ ...

不動産投資の失敗とは

僕が思いつく不動産投資に関する失敗談を箇条書きにしてみました。 【戸建て】 ・築 ...

資格の勉強を続けるためのコツ

宅建の勉強を2月9日から開始し、なんとか今日まで来ました。 勉強をはじめたころは ...

義理チョコは無駄か?

今日も朝5時30半起きで、1時間宅建の勉強をしました。これで一応、6日続いていま ...

目標と手段の混同について

今年は「宅建試験に合格すること」を1つの目標としました。試験に合格することを目標 ...