特定空き家に指定されたら固定資産税が大幅アップ!

税金

あなたの空き家は大丈夫でしょうか?
もし、自治体より特定空き家に指定されてしまったら毎年の固定資産税が大幅にアップします。現在、日本全体で約820万戸の空き家があるとされていて、国も本気で対策を考えています。空き家対策の1つとして2015年5月26日に「空家等対策特別措置法」が施行されました。これにより「特定空き家」に指定されてしまうと固定資産税の優遇措置が解除され、 毎年の固定資産税が最大で6倍近くとなる可能性があります。法律が整備されたことにより強制執行なども法律にのっとり行えるようになりましたので、強制的に撤去され解体費用を自治体から請求されるといった可能性もあります。行政が行う仕事ですので当然、コストのことなど考えてないと思います。なので自分で手配した解体費用より高額になる可能性も十分にあります。
では、特定空き家とはどういった空き家でしょうか。

特定空き家とは

以下の4つの基準が定められていて、どれかに該当すると特定空き家に指定される可能性があります。

  1. そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態
  2. そのまま放置すれば著しく衛生上有害となるおそれのある状態
  3. 適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態
  4. その他、周辺の生活環境を著しく乱すと考えられる住宅

1.そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態

放置しておけば建物が崩れる可能性や建物の一部が飛んでいく可能性がある状態です。
具体的には以下のような状態です。

  • 建物が大きく傾いている
  • 建物の基礎がかなり傷んでいる
  • 建物の柱や梁などの主要な構造部分がかなり傷んでいる
  • 瓦や壁が剥がれていて強風などで飛んでいく可能性がある

このような状態を放置しておけば、周りの家に迷惑をかけてしまうことは誰でも想像できると思います。もし、自分の家のとなりの家がこんな状態だったら嫌ですよね・・・

2.そのまま放置すれば著しく衛生上有害となるおそれのある状態

放置すれば、周りに有害となる恐れがあったり、ゴミの放置などの匂いなどで周りに迷惑がかかっている状態です。具体例は次のとおりです。

  • アスベストなど危険な物質が周りに飛んでいく危険がある
  • 浄化槽が壊れていて、糞尿が垂れ流しの状態となっている
  • 不法投棄などによりゴミが散乱していて、匂いや害虫など周りの家に迷惑がかかっている

普通の戸建てにアスベストを使っていることはほとんどないと思いますが、鉄骨の建物などの場合は使用されている可能性があります。1975年以前の建物だと使用されている可能性が高いので不明な場合は調べてみてはいかがでしょうか。アスベストを使用している建物は解体費用も高額なります。

トイレに関して汲み取り式ではない場合は、通常であれば「下水道」か「浄化槽」につながっています。田舎や昔の家は浄化槽につながっていることがあります。

3.適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態

2.と内容が重複するところもありますが

  • 窓がわれている
  • 家が蔦で覆われている
  • ゴミが散乱している

このようなに見た目が悪く、景観が悪くなっている状況です。見た目の問題なので危険性は少ないかもしれませんが、このような場合でも特定空き家に指定される可能性があります。

4.その他、周辺の生活環境を著しく乱すと考えられる住宅

他のコラムにも書いてありますが、空き家を放置しておくと犯罪に利用されたり、犬猫の住処になる可能性があります。→空き家等に関する相談や苦情について

建物は使っていないと痛みスピードが早くなります。もし、放置しているなら早めの対応をおすすめいたします。

この他にも家の木の枝が折れて通行人の邪魔になっていたりすると、この基準に該当してきます。